トップページ > お知らせ一覧 > 製品レビュー Pedal diggers Over Statement Special

製品レビュー Pedal diggers Over Statement Special

2020/06/01
今回はPedal diggersのOver Statement Specialをレビューします。
Pedal diggersはビンテージペダルの良さを引き出しつつも、オリジナリティーのある高品質なペダルを生み出すブランドです。
このStatement SpecialはダンブルのO.D.Sのサウンドをシンプルな3ノブで体験出来るペダルです。

コントロールはLEVEL,TREBLE,GAINとなっています。
ダンブルのサウンドを直接体験する事は非常に難易度が高いので、
想像力を働かせて向かい合うと言う領域かと思います。
ダンブル系のペダルはいろいろありますが、それらが実際にダンブルのサウンドなのか、なかなか判断しづらいので、レビューが難しいのですが、いくつか試してきた中で共通する点等があるのでそのあたりも含めて想像力を働かせながらレビューしていきたいと思います。
まず、アンプのセッティングですが、クリーンよりはクランチが良いかと思います。
ペダルのLEVEL12時、GAINがMINの状態だとコシと艶が出ます。
GAINを上げていくと、潰れることなく、音が歪むと言うより、
歪みが乗っかってくる感じなので、コード感がハッキリしたサウンドになります。
更にLEVELを上げていくと今度はハッキリしていたコード感が飽和してきて、
ここでオーバードライブサウンドになります。
しかし、Over Statement Specialは他のダンブル系と違い飽和してきても、
程よい潰れ具合なので埋もれていきません。
そして、TREBLEを絞り切ると他のダンブル系ペダルのオーバードライブサウンドに近づいていきます。
このオーバードライブサウンドがダンブルのドライブサウンドだと勝手に思っています。

更にOver Statement SpecialはTREBLEの立ち上がりが良いので素早く好みのポイントにアクセス出来ます。
Over Statement SpecialはGAINを下げて常時ONにして他のドライブペダルと組み合わせる、プリアンプとしての使用にも非常に合っています。
クリーンサウンドにコシと艶を与えてくれるので、普段使っているドライブペダルの音が、埋もれがちだったり、エネルギー感が足りないと思っている方はこれで解消できるかもしれません。

ギターのボリュームに対しての反応が良いので、歪み量の調整をボリュームで行えば
アンプをクランチにしてOver Statement Specialをメインの歪みとして使う事に躊躇する事がありません。
個人的にはこの使い方がおススメです。

ダンブル系のペダルが色々ある中でOver Statement Specialはシンプルな構成でありながら、3つのノブの使い方次第で主役にも脇役にもなります。
気に入りました!

ダンブルのサウンドは想像力です!




<<戻る